2010年4月の記事

新ギフトカタログがもうすぐ完成!

ブログ管理人、進藤です☆

早いものでもう4月も終わり。

長い人は今日からゴールデンウィークの方もいらっしゃるでしょうね♪

 

 

さて、いよいよダートコーヒーのギフトカタログ★NEWバージョンが完成します!

新しいカタログはとってもシックにカッコよく仕上がりましたよヾ(。◕ฺ∀◕ฺ)ノ♫♬

 

今回、カタログ用写真の撮影現場にお邪魔しました。

 

たくさんのアイテムがあります。

商品を際立たせる綺麗な食器や、トッピング用の生クリーム・ミント・・・などなど。

 

一品一品セットを替え、飾りを替え、光の当たり具合を調整・・・

盛り付けを工夫したり 鏡を使って光を反射させたり アングルを変えたり。

その商品が一番輝く瞬間をカメラに収めていきます。

 

 

。。。(;-ω)? このタバコは・・・ちょっと一服?

 

 

いやいや、これも撮影アイテムの一つ。

ホットコーヒーの湯気をつくっています。

もちろんこのコーヒー、あつあつなんですが湯気がカメラに写らないので

こうやって作り出しています。

 

 

私はギフトカタログの作成を担当するのは今回が初めてなので

撮影現場に立ち会ったのも初めて!

一つの写真にこんなに時間と手間がかかっているのかと、正直驚きました。

全部撮り終わるのに 丸1日~∑(゚ω゚ノ)ノ!!

それでも今回は前撮りをしてあったので早く進んだ方だそうです。

 

 

カタログの完成は5月のゴールデンウィーク明け頃の予定です。

最高の写真が撮れましたので、カタログの出来上がりがとっても楽しみです。

通年カタログと同時に、御中元ギフト用のカタログも完成します。

乞う、ご期待!!

 

 

※お問い合わせ・カタログのご請求はこちらから⇒お問合せ・カタログ請求

※ギフトショッピングはこちらから⇒ギフトショッピング

 

 

 

精製作業に入ります。

ブログ管理人、進藤です☆

 

『煎りたて珈房 ディーズ』で収穫したコーヒーの実を

「精製」する作業です。 (収穫のときの記事はこちら⇒「コーヒーチェリー」

 

よ~く洗ってから一粒食べてみました。

味は・・・びわ?のような、イチジク?のような味でした。

食べると言っても、コーヒーの実にはほとんど果肉がないのですが(;-A-;)

皮をちょっとむいてみても、白い種(コーヒー豆)が透けて見えるほどです。

 

さて、まずは洗ったコーヒーの実の皮と果肉を取り除きます。

ぬるっとした粘液質で包まれたコーヒー豆が「つるんっ」と出てきました。

 

 

すべての皮を取り除いたら・・・

 

コーヒー豆のまわりの粘液質を洗い流していきます。

なかなか取れないので、網ネットを使ってこすり合わせます。

よく取り除いた後で、タッパに網を張って棚干し乾燥のまね事・・・

風通しのいいところでよく乾燥させます。

これはまだ「パーチメント」という殻を被ったコーヒー豆です。

殻をむくと。。。

中から出てきたのがコーヒー豆(生豆)ですヾ(*・∀・)/

 

今は全ての豆が完全に乾くまで ひたすら乾燥中です。

 

 

 

エチオピア モカが入ってきました。

1年ほど前にエチオピアから入ってきたコーヒー生豆に基準値以上の農薬が検出され

原因もなかなか特定できないまま現在に至っています。

そんな中でも「モカ」コーヒーに対する日本での需要は大きく、コーヒー各社で様々な試

みが行なわれてきました.

今年になり、大手を初め少しずつではありますが基準をクリアした商品が入荷してきました。

ダートコーヒーでも今回ようやくある程度の安定供給が見込めるまでに至り、

「モカブレンド」を復活させました。

農薬の問題についてはいろいろと議論のある部分だと思いますが、早くエチオピアのコーヒーを

皆様にお届けできるよう努力していきます。乞うご期待!!

 

中西

コーヒーチェリー

ブログ管理人、進藤です☆

 

これ、何の実か分かりますか?

真っ赤に熟れたコーヒーの実=コーヒーチェリーです!

「チェリー」というだけあって 確かにサクランボに似ていますよね。

(この実の中にある種子が“コーヒー豆”です。)

 

ダートコーヒーの直営店、『ディーズ』の入り口にコーヒーの木があり

その木に実がなりました♪

というわけで、先日、コーヒーの実の収穫に行ってきました。

(一粒一粒、手摘みしてます↑)

 

コーヒー豆は一般に、赤道周辺の熱帯地域で収穫されます。

日本の気候はコーヒーの育成には向いていないのですが

そんな中、こんなにたくさんの実を収穫することができました。

 

 

産地の人のマネをして、葉っぱだけを振り落とそうとしてみましたが・・・

 8023

この量じゃ 手で葉っぱ取った方が早いですよねぇ(汗)

 

コーヒーの実は 一斉に熟していくわけではなく、

過熟や未完熟の実も混ざっています。

上の写真は左から順に、過熟←---完熟---→未完熟 の実です。

 

すべての収穫を終えたところで、コーヒーの木もちょっと散髪しました♪

 

 

これから会社に戻って収穫した実を精製します!

 

PODコーヒーのフィルム印刷

ブログ管理人、進藤です☆

  

昨日、PODコーヒーのフィルム印刷の立会いに行ってきました。

(ちなみに印刷工場は岐阜県にあります)

  

PODコーヒーのパックの試作品は『紙』製です。

印刷の直前までは、ずっと『紙』の試作品で打ち合わせがされているのです。

ところが実際の『フィルム』への印刷は、紙に印刷したときと色合いが違ってくるので

いざ印刷したときに、思っていた色と違う仕上がりになることが多いそうです。

  

今回、わたしは初めての立会い!

一発OKが出れば、午前中には終わるだろう・・・との話しだったのですが

恐れていたことが現実に。。。Σ(゚Д゚|||)

      (↑1回目)                    (↑2回目)

 

やはり1回目の仕上がりはNG。

   

言葉で説明するのはムズカシイですが

(希望は)ワインレッド⇒(実際は)ベタな赤色

(希望は)ゴールド⇒(実際は)ベタなやまぶき色

・・・といった具合に。

   

「ここはもっとこぅ!!」と細かく伝えて2度目の印刷へ。

1時間ほどかけてインクの色を入れ替えた後が2回目の仕上がり。

かなり試作品の色に近づきました♪

さすが、プロ!!スムーズに思いに答えてくれました。

   

そして、フィルムでもぅひとつ重要なのが「反射」。

そぅ!光の当たり具合によっても色の見え方が違うのです。  

今度はワインレッドが少し暗すぎました。

    

そして3回目の印刷(微調整)が完了。

ん~・・・(。-`ω-)。。。悩み。。。見比べ。。。悩み。。。見比べ。。。

私達の意見が一致したところでやっと一つ、決まりました。

 


つづきましてもう一種類。(今回は2種類ありました。)

こんどは緑色。

これが1回目の仕上がり。

1種類目のほうでこちらの意図は伝わっているので

最初からほぼイメージどおりの仕上がりでした♪

(左下にあるのが、試作品(紙製)です。)

 

こちらも光の当たり具合や、2種類の調和など、

いろいろ見比べひたすら悩む(ー`´ー)ンー

 

「ちょっと緑が薄いんじゃない?」

「赤と並べてみても、もうちょっとパンチが欲しいね。」

 

こちらはもぅ少し緑を濃く!!ということで、2回目の印刷へ。


 

ところで、フィルムへの印刷は「この色にして!」と言ったところで

すぐ出来るわけではありません。

インクの入れ替えとなると 1時間。

色の微調整だけでも30分はかかります。


それでも、これからダートコーヒーの武器となる商品です!

妥協するわけにはいきません。

苦労して思い通りの色を作っていただいた方に感謝!感謝!です。


 

あ!そんなこんなで。。。

2回目の印刷ができました。

 

試作品の色と見比べ。。。

 

赤色の方とも見比べ。。。

 

光の反射具合も確認。

 

ん~♪

すばらしい色に仕上がりました。

どっから見ても依存ナシッヽ(゚∀゚ヽ!

最後に完成品にサインをしてできあがりです。


こだわりぬいたこのフィルムで、新作PODコーヒーが完成するのは5月の中旬。

わたし達の“想い”と“愛”、そして“汗”と“涙”がいっぱい詰まっています。

 

 

 

ダートのできごと、発信☆

はじめまして!!

ブログ管理人の進藤です。

 

みなさん、ダートコーヒーのホームページはご覧頂いたことはありますか?

今このブログを読んでくださっている方の中には

「ダートのコーヒーを飲んだことがある!」 人。

「ダートのギフトをもらったことがある!」 人。

「ダートのネット販売で商品を買ったことがある!」 人。

・・・

さまざまだと思います。

あとは 「偶然ここにたどり着いた!」 人ね(〃▽〃)笑

もちろん「ダートの従業員」さんもいるでしょう♪

 

ダートのできごと では、ホームページでは分からない

「ダートコーヒーそのもの」をみなさんに知ってもらい、

「このコーヒーを作っているのはこんな人たちなんだぁ」という安心・信頼を

感じていただければ☆ と思っています。

 

社員の働く姿。。。とか、

一つの商品が生まれるまで。。。とか、

コーヒーはこうして出来上がる!。。。とか♪

 

おもしろい記事をたくさんアップしますので

ダートコーヒーに興味をもっていただけると嬉しいです!!

 

 

 飲物系イメージ01[1].jpg

「コーヒーって」って何?

ダートコーヒーでコーヒーの業務を担当している中西です。

この「コーヒーって」というコーナーを担当することになりました。

で、このコーナーって何を書くのかと申しますと、コーヒーについて日頃みなさんが気になっているあの事やこの事をすこ~しだけ解決できる話をしたいなあと思っています。

例えば、「同じコーヒー豆でもいろんな味を作ることができる」とか・・・

後、ダートコーヒーの品質についてとか・・・

まあ、気になったら見に来てやって下さい。宜しくお願いします。

                     コーヒードリップ

1

PAGETOP