2010年11月の記事

金沢市民はレギュラーコーヒーがお好き?

年末恒例行事で
「今年のニュース」や「統計データ」
というものが発表されます。

コーヒー業界でも社団法人全日本コーヒー協会から
2年に一度10月に「コーヒー関係統計」というものが発表されています。

2010年10月に発表された資料の中から興味深い資料がありましたのでご紹介させていただきます。


日本の県庁所在市で
「緑茶」に対する一世帯当り支出金額が一番多い県庁所在市はどこかご存知でしょうか?


これは圧倒的な差で静岡市です。
お茶の産地として有名な地域なので特に驚くこともありませんよね。

年間11,033円も使っているようです。 

続いて「紅茶」に対する支出が多い地区はどこかご存知ですか?


これは神戸市、横浜市、東京都区です。
これも、なんとなく分かりますね。
都会やおしゃれな地区は紅茶の需要が多いようです。

しかし支出金額は神戸市でも1,633円しか使っていません。

 

では、


「レギュラーコーヒー」。
レギュラーコーヒーのもっとも支出が多い都市は盛岡市です。
そして2位には「金沢市」がランクインしています。

金沢市のレギュラーコーヒー支出金額、7,442円
2年前は1位だったんです。

今年は順位を落としてしまいましたが、
なぜかとても高い金額となっています。


何杯もたくさん飲んでいるのか、

はたまた、お高いコーヒーを飲んでいるのか、

これ、コーヒー屋のボクでも理由がわかりません。
とても不思議な事件なんですね。

でも、コーヒー屋の私としてはなんとなくうれしくなる
不思議な統計でした。

ダートコーヒー社員旅行

11月27日、28日の2日間にわたり

ダートコーヒーの社員旅行がありました。

 

午前8時に金沢本社を出発したバスは、福井県・滋賀県で支店の社員と合流。

一路「三井アウトレットパーク滋賀竜王」へ。

女子社員にとってはいきなりのメインイベントです

土曜日でしたが以外にもスンナリと駐車場へ入ることが出来ました。

1時間半、楽しくショッピングをした後は京都にて支店の社員と合流。

全社員が いつもと違った雰囲気で揃ったバスの中では

すでに宴会が繰り広げられていましたよ♪

 

午後からは神戸の観光地「北野異人館」界隈をぐるりと巡り

夜は道頓堀の「づぼらや」にて大宴会でした。

 

お酒も入り、普段は交流の少ない他の支店の社員とも

親睦を深めることができ、とっても楽しい夕食会でした。

 

2日目は、大阪市内にてフリータイム。 

それぞれが思い思いに大阪でのひと時を満喫したようです。

 

全社員の連帯感がより一層高まったように感じた2日間でした!

 

ブログ管理人、進藤ですヾ(^ω^*)

 

今日は、ダートコーヒーのホームページに新登場!!した

コーヒー関連器具のショッピングページをご紹介します。

   トップページのからご覧いただけます。

 

この「コーヒー関連商品」ページでは

コーヒーを入れるために必要なさまざまな器具を

ご自分の用途に応じてお求めいただくことができます。

抽出方法のカテゴリ別に分かれているので

スタイルに合わせてお選び下さい♪

コーヒーメーカーはご家庭用をメインにピックアップしましたが

PODスタイルのコーヒーマシンはオフィスにもぴったりです。

 

ちょっとした疑問やご質問・ご要望等がございましたら

こちらまでお気軽にお問い合わせください「お問い合わせ」はこちらから

 

コーヒーを焙煎する甘い香りで飲んでみたい!

よく、工場に来られるお客様から

「やっぱりコーヒー屋さんですね。コーヒーのいい香りがします。」

と言われます。

いつも工場にいると慣れてしまっているせいか、

あまり感じてはいないのですが、言われて悪い気はしませんよね。

 

ある日、お客様の一人が

「こんなにいい香りがするってことは、言い換えるとそれだけ香りが減っているんじゃないの?。」

この問いかけに対して

「この香りをコーヒーにしてお届けしたいと日々考えているのですが、
正直なところかなり厳しいのが現実です。」

今回はそんなことをご紹介してみようと思います。


まず、コーヒーの香りはどのタイミングで発生するものでしょうか?

コーヒー豆はコーヒーノキの種子で、農産物に当たりますが、
この時点ではあの独特のコーヒーの香りがしません。

コーヒー豆を焙煎することで初めてコーヒーの香りを発生するのです。
そのコーヒーの香りは種類によって香りのバランスが異なります。
ここで、コーヒーの種類の差が出てくるんですね。


ここで、その焙煎直後のコーヒーをドリップしてみたとしましょう。
あのコーヒーを焙煎したときの香りがついたコーヒーが飲めるでしょうか?


答えはNOです。
コーヒー豆にお湯や水を注ぎ、コーヒーとして抽出される際に、
液体として出てこない成分や、
液体となった瞬間に揮発してなくなる成分があります。

この中にあのコーヒーの香りが含まれているんだと思います。

なぜ「思う」としか言えないのか。
それはコーヒーには分かっているだけで900種類もの成分が含まれ、
さらに、まだ発見できていない成分もあります。

コーヒーとはまだまだ神秘的な飲み物なんですね。
そんな神秘的な飲み物を気軽に楽しめることを喜びたいものです。

 

さて、最後にひとつ。
以前コーヒーの好みについてのアンケートで
コーヒーの「味」と「香り」のどちらが好きかをお聞きしました。

回答はきれいに半々。
「どちらも好きだけど、どちらかと言えば○○○」といった方も
多数ありました。

この二つを維持するために大事なこと。
これはやはり新鮮なコーヒー豆でコーヒーを楽しむことです。

焙煎日はなかなか公開されていないですが、
少なくても購入し、封を開封したコーヒー豆は
お早めにお召し上がりになることをおすすめいたします。

ヨシダ印刷㈱様の工場見学へ

ブログ管理人、進藤です(○^ω^)_/

 

昨日から一段と気温が下がり、グッと寒くなりましたね((´ω`))

そんな中、いつもカタログなどの印刷でお世話になっている

ヨシダ印刷様 へ、ちょうど今ダートの新しいパンフレットを印刷するということもあり

その過程を見学させていただきに行ってきました。

 

企画段階で決まった印刷物はパソコンでデザインレイアウトされます。

文章内容、文字の形・大きさ・色、画像など

まずは、パソコン上でデータを修正。

ずっとパソコンに向かい、微妙な調整を細かくしていきます。

目の痛くなる作業ですね(Pω`q。●)

修正が終わると次は印刷用の版を作る工程です。

 

アルミ板で版が作られます。

このとき、ヨシダ印刷様では環境に配慮して現在ではほぼ、

有害物質が出ない「水なし印刷」を採用されており、

シリコンゴム層を使用したもので版を作っているそうです。

 

ダートのギフトカタログ裏面にもそのマークがちゃんと付いていました!

版ができあがるといよいよ印刷の工程です。

 

カラー印刷は、

K(ブラック)

C(シアン)

M(マゼンタ)

Y(イエロー)

の順に4色のインキを刷り重ね印刷物が出来上がります。

ダートの新しいパンフレットもこんな風に印刷されていたんですね!

ここでも仕上がりのチェックは必ず人の目で判断します。

色のあがり具合はオペレーターの“腕”にかかっています(○`ω´)ノ!!

 

印刷工程の最終段階。

刷り上った印刷物に汚れなどがないかをチェックします。

汚れはチェック機械のカメラによって仕分けられ、

綺麗なものだけが完成品となります。

 

仕上げの段階に進んだ印刷物は最後の加工をします。

加工には、指定された寸法に印刷物を切る「断裁」、

印刷物を折る「折り」、

複数ページを本のように仕上げる「製本」などがあります。

 

ヨシダ印刷様ではこのような印刷物を作ること以外にも

ホームページ、DVD制作からWebシステムサービスなどもされています。

 

帰りには

デザイン事務所であるコミュニケーション・エンジニア―ズと

ヨシダ印刷のコラボレーションで生まれたブランド

「しらら SHIRARA」の一品をお土産に頂きました!

 

 

良いコーヒーミルを見分ける方法は?

コーヒーメーカーは持っていても、コーヒーミルは持っていない。
そのような方がとても多いようです。

しかし、先日終了したアンケートで、
おいしくコーヒーを飲むためには、
コーヒーミルは不可欠と考える方が多いのも事実。

そのような方が実際に購入をするためにお店へ行くと、
コーヒーミルの種類も多く、値段にも大きな開きがあり、
どれが良い品なのかがわかりづらい。

ここでひとつのハードルがあるように感じられます。


そこで、今回は良いコーヒーミルの選び方をご紹介さていただきます。
ここでは一般的に販売されているデザイン性のある手挽きのミルと
羽のついた電動のミルについて話を進めます。

まず、前提の知識として、コーヒー豆の特性についてです。
コーヒーは熱を持つと一気に風味が落ちてしまいます。
また、粒子は均一であることが抽出には望ましいのです。

ということは、コーヒーミルに求められることは、
熱を持ちづらく、粒子に均一性を持たせられるものということです。

Classic.jpg

まずは手動の手挽きミルについてのポイントです。
店頭で手動のコーヒーミルを選ぶときは、必ずハンドルを回してみてください。

又、お店によってはコーヒーの試し挽きが可能な店もあります。。
そのようなお店のときは試し挽きをすることを強くお勧めいたします。

コーヒーミルのハンドルを回すことで、
刃の回転がスムーズかどうかが分かります。

刃の回転がスムーズということは抵抗が少ないということです。
抵抗が少ないと、摩擦が少ないので熱が蓄積されにくいということがいえます。

また、試し挽きは実際のコーヒーの粒子を見ることができますので、
粒子が均一かどうかを確認することができます。


そうなると、グラインドの方式や刃の材質も重要です。
これは、仮に全く同じ形状の商品で価格が違う場合は、
高い方の商品を選んでおけば間違いありません。

しかし、価格が高いから必ずしも良い製品とは限りません。
外観に華美な装飾がある場合はそれも価格に反映されています。

 MJ-0803.jpg

他のポイントとしては「ふた」と「引き出し」です。

安価な商品の場合、コーヒー豆の挿入口にふたがない場合があります。
これは大きなマイナスです。

ハンドルを回しているうちに、
最後の方になってせっかく入れたコーヒー豆が飛び散ってしまうんですね。
後片付けの手間が一つ増えてしまいます。


引き出しも同じ理由で重要です。
本体に引き出しを入れた状態でグラグラするような物は、
引き出しと本体に隙間があるということです。

この隙間には、せっかく苦労して挽いたコーヒー豆が落ちてしまいます。
これも、引き出しを出すときに汚れの原因となってしまいます。


手動のミルの場合はこれらのことを気をつけると
良いミルを選ぶことができます。


では、電動ではどうでしょうか?
最近は電動式も技術が改善が進んできたのですが、
選択には注意が必要です。

また、挽いたコーヒー豆がそのまま残る場合は
粉の均一性が保たれません。

このような電動ミルですが、価格的には安価で購入できますし手間も
手動に比べると簡単といえます。
コツの1つとしては上下に振りながらコーヒーを挽くと均一性がかなり
向上します。

中には、フードプロセッサーで代用というかたもいらっしゃいますが、
香りが移る原因にもなりますので、できればコーヒーミルを買ってい
ただいておいしいコーヒーを飲んで欲しいと思います。

10月21日にOPENしたばかりのお客様

キツネ珈琲

  

明るい店内♪広い空間♪

味にこだわる店長が作るランチは絶品!!

  

 

**おすすめメニュー**

モーニング     380円

日替わりランチ   700円

 このボリュームでモーニング380円Smile

 

担当者より

店員さんは気さくな方ばかりLaughing

日常の息抜きに活用できる癒しの空間です♪

買い物途中の休憩にもgood!!

担当: 岐阜支店

 

 

▼お店情報▼

★ジャンル: 喫茶

★住所: 岐阜県瑞穂市稲里580 ヤナゲン内


より大きな地図で ダートコーヒーグルメマップ を表示

 

★TEL: 058-327-1577

★営業時間: 10時~16時

★定休日: 火曜日

★たばこ: 喫煙可

★席数: 30席

★個室: 無

★駐車場: ヤナゲン共有

★予約: 可

 

 

ブログ管理人、進藤です_/o(゚ω゚`)!!

 

今年も「新春お楽しみ福箱」の販売が開始しました!!

ダートのお楽しみ福箱は、年末恒例の商品となっており

毎年たくさんのご注文を頂いている人気商品です。

今年はなんと、去年よりコーヒーを増量してます2011年新春福箱

去年なかった「モカブレンド」や、

今年話題の中心だった「有機フェアトレードグァテマラコーヒー」も入ってます!

限定数量100セットです!

     ■予約締切・・・2010年12月19日(日)

     ※限定数量に達次第、終了とさせて頂きます。

     ■発送・・・・・2010年12月28日(火)出荷

詳しくはこちらへ2011年ダートコーヒー新春お楽しみ福箱ショッピング「2011年新春お楽しみ福箱」

 

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

キャンペーン同時開催中

2011年 新春お楽しみ福箱キャンペーンも同時開催中です!

2011年ダートコーヒー新春お楽しみ福箱キャンペーン

当選者の方には、この福箱をプレゼントいたします♪

ご応募お待ちしてますヾ(*・∀・)/

      ■プレゼント・・・2011年新春お楽しみ福箱
      ■当選者・・・3名様にプレゼント
      ■締切・・・2011年12月6日(月)
      ■発表・・・2011年12月10日(金)

詳しくはこちらへ2011年ダートコーヒー新春お楽しみ福箱ショッピング「2011年新春お楽しみ福箱キャンペーン」

 

 

 

こんにちわ。ブログ管理人、進藤です(@^ー^@)ノ

11月に入り、ダートコーヒーではお歳暮ギフトがスタートしました!

今年の注目はなんと言ってもコレ!!

「グァテマラ有機栽培コーヒーセット」

・グァテマラ有機栽培コーヒー・・・200g×2  ¥3,150

 

専用のギフトパッケージで、この冬新発売となりました!

数量限定のためネットでの販売ができないのですが(人ω<`;)

通常のパッケージでの「グァテマラ有機栽培コーヒー」が販売されていますので

今年のお歳暮にはこだわりのコーヒーを。。。とお考えの方は

こちらからご注文いただけますショッピング

ショッピング「有機フェアトレードグァテマラコーヒー」500g【豆】×1

ショッピング「有機フェアトレードグァテマラコーヒー」200g【粉】×3

 

その他、ダートコーヒーのお歳暮ギフトはこちらからどうぞ

ダートコーヒーお歳暮ギフト

 

ショッピングカタログ請求はこちら

 

 

 

 

コーヒーは体に悪い?カフェインのお話し

コーヒーが体に良くないという方がいらっしゃいます。
その原因の一つとしてとして「カフェイン」をよく指摘されます。

確かに、カフェインはコーヒーの代表的な成分の一つです。
これらは変えることができない事実です。

でも、だからと言ってコーヒーが体に悪いというのは早合点です。
今回はそんなお話しをしたいと思います。

カフェインについての難しい話しは科学的な話になるので
詳しくは下記のサイトを参考にして下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

ここではコーヒーとカフェインにどう付き合ったらよいかを
お話したいと思います。

まず、適量というものを考えて楽しみましょう。
1日に20杯近く飲んで急性カフェイン中毒になった、これは明らかに飲み
すぎです。

「百薬の長」と言われるお酒もそうですが、多量に摂取すると酩酊状態に
なり、他人にとっても迷惑な話になります。

では、カフェインの取得適量とはどれぐらいなのでしょうか?
これは、体格や健康状態などにもよるので一概に言うことはできませんが
一杯のドリップコーヒーには100mgから120mgのカフェインが
含まれており、健康な成人男性の場合一日3~4杯程度ならば、問題ないと
言われています。

コーヒーの種類によってはどうでしょうか?

品種によってカフェインの含有量は違いがあります。

しかしそれは1杯のコーヒーにすれば 僅かなものであり

気にするものではありません。

また、コーヒー豆の焙煎やコーヒーの濃さでカフェインの量はほとんど変わ
らないそうです。

それでもカフェインが気になる方には味覚的には別としてカフェインレス
コーヒーもあるので選択肢の一つとして挙げられます。

ただ、ここで申し上げたいことは健康を意識してコーヒーを飲むのではなく、
嗜好品としてコーヒーを楽しんで欲しいという点です。

これが一番健康に良いコーヒーの飲み方ではないでしょうか。

1

PAGETOP