2015年10月の記事

★☆★コーヒーQ&A★☆★

コーヒーに関するよくある質問にお答えしていきます。

第3回目です。

 

Q3)コーヒーを飲み始めたいけど、どんなコーヒーが良いの?

A3)どのコーヒーが美味しいかと言うのは、飲まれる方の嗜好の問題なので一つの答えは出ません。しかしながら確かにコーヒーの販売店に行かれてもたくさんのコーヒーが並べられていて、どれを選んだら良いのか迷う事も多いと思います。

一つのヒントとして、自分の好みがわからない時は、まずお店の従業員に聞いてお店の一番ポピュラーなブレンドコーヒーを少量だけ購入する事からスタートされてはいかがでしょうか。それから、その味を元に酸味や苦味など具体的に味覚の欲求を伝え、徐々に自分にあったコーヒー選びをしていきます。

そうやってだんだん慣れてくると自分だけのオリジナルブレンドも作り、より自分の嗜好に合ったものになれば、完璧です。自宅でお客様をお迎えした時などに自分の作ったオリジナルコーヒーをご馳走してあげるのも楽しいと思いませんか。

 

◆◆◆

直営店 煎りたて珈房ディーズ では様々な種類のコーヒーを取り扱っております。

喫茶コーナーもございますので、お気に入りの味をぜひ探してみてはいかがでしょうか?

コーヒー豆はWEB販売も行っておりますのでチェックしてみて下さい♪

DSCF8010.JPG

 

◆◆◆

 

Q4)コーヒーの名前って国の名前?

A4)現在いろんな店頭でさまざまなネーミングのコーヒーが販売されています。でもこれは必ずしも産地国の名前がついている訳ではありません。

一般的には大きく分けて

1,原産国、農園、

2,港、市場名、

3,品種、品質名、

4,輸入業者

がつけたものに分けられると思います。皆さんがよく目にするブルーマウンテンという名前は、この中では3番目の品質名の事で原産国はジャマイカでその中で高級グレードの商品の名前なのです。

またキリマンジャロは、アフリカのタンザニアを原産国としてキリマンジャロ山の麓で多く栽培されている事から命名しています。この様にそれぞれのコーヒーについていろんなネーミングの由来があると伝えます。この原因としては、コーヒーが世界に普及していくと歴史と深くかかわりがあり、より複雑なものになったようです。

最近では原産国+品質名や農園+輸入業者名など、より消費者に分かり安いネーミングも増えてきています。世界的に見ても生産国では統一基準がまだ確立されていない為、それぞれの生産国や地域毎に品質やネーミングも異なっています。

 

1

PAGETOP