お知らせ
お知らせ
2006.3.13 「インドネシア マンデリンコーヒー産地 道中記」の、完結編が出来ました。
2006年2月11日から18日まで弊社社員がインドネシアへマンデリンコーヒーの産地視察へ行ってきたレポート「インドネシア マンデリンコーヒー産地 道中記」がいよいよ完結致しました。
インドネシアの持つ独特な雰囲気、そしてマンデリンコーヒーのこだわり。是非ご覧下さい。
↑ページTOPへ
2006.2.27 「インドネシア マンデリンコーヒー産地 道中記」が、始まりました。
2006年2月11日から18日まで弊社社員がインドネシアへマンデリンコーヒーの産地視察へ行ってきました。
深いコクとまろやかな苦味が特徴の「マンデリン」の産地。今月よりその道中録をさまざまな写真と共に皆さんにご紹介していきたいと思います。
インドネシアと一口で言ってもアジアの中で熱帯に浮かぶ大小の17000余りの島々から成り立っている国です。そこでは、約2億3千万の人たちが住んでいて300以上の種族がいると言われています。
私が今回、主に滞在していたのはスマトラ島の北にあるメダンという街で、そこから山に向かうとトバ湖という湖に着きます。ここは、東洋のスイスと呼ばれているそうですが、日本人観光客も少なく静かな観光地です。この湖畔沿いにマンデリンコーヒーの産地が広がっています。
この道中録を通じてインドネシアの姿と、マンデリンコーヒーのさまざまな工程を知ってもらいたいと思っています。ぜひご期待下さい。
↑ページTOPへ
2006.2.1 珈琲専科更新しました。 第20話 コーヒー豆にも災厄の歴史
↑ページTOPへ
2006.1.5 珈琲専科更新しました。 第19話 粒ぞろいのグラマーでも味は十色
↑ページTOPへ
2005.12.10 煎りたて珈房よりコーヒーショッピング始めました。
弊社直営ショップ「煎りたて珈房 ディーズ」より
いよいよwebサイトにて珈琲が購入できるようになりました。
厳選されたコーヒー豆を選んでいる事は勿論、最大の特徴はコーヒーの焼きレベルを指定することが出来る点にあります。
↑ページTOPへ
2005.12.1 珈琲専科更新しました。 第18話 それでも飲みたい…代用品は大豆、芋
↑ページTOPへ
2005.10.31 珈琲専科更新しました。 第17話 「苦み」は調節できるが「渋み」は…
↑ページTOPへ
2005.10.4 珈琲専科更新しました。第16話 「“豆の木”は冷たい世間の風にさらせ」
↑ページTOPへ
2005.9.20 新コーヒーネーミングは、「挽きわいブレンド」に決まりました。
今秋10月新発売レギュラー珈琲のネーミングを募集し、たくさんのご応募を頂きました。
つきましては、弊社で検討の末、
「挽きわいブレンド」を採用させて頂き10月1日より販売する事になりました。
★新商品発売場所
   ダートコーヒー直営店
     金沢名鉄エムザ店 金沢香林坊アトリオ店 小松ジャスコ店
   石川県内ダートコーヒー取扱店
   (一部取り扱いのない店舗があります。)
   ダートコーヒー各支店
     小松支店         七尾支店
     福井支店         富山支店
     高山支店         岐阜支店
     京都ダートコーヒー
   web通販
     
↑ページTOPへ
2005.9.1 珈琲専科更新しました。第15話 「戦後、喫茶店は東西とも50円スタート」
↑ページTOPへ
 
Copyright©DART COFFEE Co., Ltd. All Rights Reserved.
ダートコーヒー株式会社 石川県金沢市松島1丁目35番地 TEL:(076)261-1234(代)